スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナムVSカンボジア

ベトナム、カンボジア
2008.09.15-21


カンボジア
ベトナムとカンボジア、隣同士の国なのに、漂っている空気が全く違う。カンボジアの人はどこか眼光鋭い人が多い気がするし、客引きがやたら多い。

プノンペンでバスを降りた瞬間、姉さまは「お前は一人か?泊まる所はあるのか?これからどこへ行く?」と声をかけられた。バスの到着を待っていた輩たちだ。夜なのに「国立博物館へ行こう」と声をかけてきた奴もいた。とっくに閉館してるというのに、いったいどこへ連れて行こうというのか・・。

一方、疑ってかかったものの、最終的には「いい人」だった人もいる。病院に連絡をする際、色々アドバイスしてくれた通りすがりのおじさんとか、救急車を誘導してくれたおじさんとか。

町並みや大通りは思った以上にキレイで、ホーチミンと違って信号機もあり、道を横断するのに苦労はしなかった。バイクもベトナムほど多くなく、車の方が多い気がする。

ただ、プノンペンの人々は寝るのが早い、というか夜は危険だからあまり外出しないんだろうな。何回か停電したので、もしかしたら電力温存のためなのかもしれないけど、ベトナムよりカンボジアの方が明らかに夜の治安は悪いし、銃も氾濫している。初日の夜11時前後、銃声のようなパンッといった乾いた音を一度だけ聞いた。

カンボジアにどっぷり浸かっているようなバックパッカーはドロップアウト色が濃い。ホーチミンをうろうろしているだけの人とはこれまた目つきが違う。

定員に達していないツアーへの同行者を探していた時、ツアーディスクのお姉さんに「あの人誘ってみたら?」とススメられた人がいた。食堂で朝食をとっていた一人の白人男性だ。

フランス語のガイドブックを持っていたのでフランス人だったんだろうけど、とても声をかける気にはなれなかった。見た目も醸し出す雰囲気も、どこから見ても筋金入りのバッパーだ。しかもカンボジアに沈殿し、退廃しきった感があり、ちょっと恐ろしかった。

カンボジアからベトナムに戻ると、緊張がほぐれる。思いっきり油断してしまいそうになる。







コメント

非公開コメント

プロフィール

barung

Author:barung
アジア大好き。いつも格安チケットで行く貧乏旅行。もちろん国内旅行も大好き。これまでの旅の記録をのんびり綴る不定期ブログです

最新トラックバック

CLOCK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。