スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台湾最後の日

台北に戻って宿を探す。3軒目でようやく決定。台北駅の近くで一人250元のドミトリーだ。英語オンリーだったけど、イギリス人のほか、ドイツ人、韓国人が宿泊していた。全員長期滞在者っぽい。

滞在者の中で正体不明だったのは、北京語ベラベラの白人だ。宿を訪ねた際に出てきて、留守だったオーナーと携帯で話をつけてくれた。しかも北京語で。

初めは英語で話してたから違和感なかったんだけど・・・。息子か?養子か?とも思ったけど、どうやら違うみたいだ。あの若さでどうすれば流暢なバイリンガルになれるのか不思議だ。聞いてみれば良かった。

ビックリしているうちにオーナーがやってきた。部屋を確認し、とりあえず1泊分の料金とデポジット2百元を支払い、宿を確保。

身軽になり、早速台北の町へ。MRTを乗り継いでお目当ての食堂で夕食を済ます。好きな物を好きなだけ食べて後で食べた分だけ支払うという仕組みだったけど、作りたてではないので味は今一でした。

続いてこの旅で最後の士林夜市へ。ひと通り見た後、お土産とビールを買い、宿へ戻る。ドイツ人とイギリス人が起きていて、ソファーで話しこんでいる。姉さまたちはお風呂に入った後、隣りのテーブルで明日の予定を練る。明日は各自で自由行動です。






最終日の朝、台北駅でパンを買って食べる。故宮へ向かう兄さまを見送った後、歩いて問屋街へ向かう。結構長時間見て回ったけど、気に入った物がなかった。洋服類は確かに安いけど、品質はまったく良くない。だったら日本で買った方がいいもんね。

行き当たりばったりで歩いていたら、かなりの距離を歩いていたらしい。足が痛くなってきた。何の収穫もなく、待ち合わせ場所の台北駅へ戻る。こんなことだったら気になっていた温泉にでも行けばよかった・・。。

ホームでうたた寝しながら兄さまを待つ。旅の疲れがたまっていたのか、兄さまに声をかけられるまで気付かず寝てました。

宿の近くで良さそうな店を見つけたので、そこで夕食をとることにした。2種類の鍋を楽しめ、肉や野菜やアイスや果物やご飯が食べ放題だ。味はそこそこだったけど、しこたま食べて2人で750元ほどだった。

宿に戻ると珍しくオーナーがいた。1泊追加分の500元(2人)を支払い、明日8時30分にチェックアウトすることを伝えると、帰っていった。

朝、時間ぴったりにオーナーのおばさんが部屋をノックした。200元のデポジットと、昨日余分に渡してしまっていた宿泊費を返してくれた。昨日と違い、今日は暖かくなりそうだ。名残惜しいけど帰国時間だ。

オーナーが教えてくれた近くのホテルの前で空港行きのバスを拾う。これなら一人110元ほどで空港まで行けるのだ。一週間なんてあっという間だな。7日もあれば台湾を一周でるかもしれない、なんて半ば本気で思っていたのがバカらしかった。


最終日をたたみかけて書いてしまいました。反省。

コメント

非公開コメント

プロフィール

barung

Author:barung
アジア大好き。いつも格安チケットで行く貧乏旅行。もちろん国内旅行も大好き。これまでの旅の記録をのんびり綴る不定期ブログです

最新トラックバック

CLOCK

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。