スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カンボジア2.中央市場

ベトナム、カンボジア
2008.09.15-21

1
バスから降り、すぐ隣のキャピタルホテルに部屋をとりました。よかった、空いてて。不覚にも部屋の中の写真を撮り忘れました。廊下で勘弁を…。ツイン1泊12ドル。清潔でテレビ、エアコン、扇風機があります。冷蔵庫はありません。設備によりもっと安い部屋もあります。


2
部屋の中からプノンペンの町を撮りました。なかなかキレイな町並みです。


4
歩いてセントラルマーケット(中央市場)へ。その間も、バイクタクシーの運ちゃんから頻繁に声がかかります。面倒くさいので無視をきめます。


5
市場の中央には貴金属のお店が並びます。それを囲むように放射状に衣類や食品やお土産の店が軒を連ねています。



6
南国だけあってカラフルな花が沢山売られていました。見ているだけで元気になりそうです。


7

8
お腹が減ったので屋台で遅い昼食です。上はインスタント麺のようなもの、下の巨大もやしのような物はちぎった「うどん」のようです。味はともあれ、腹は満たされました。
隣の席では表示値段を見間違えたと思われる欧米人が支払いの際露店主にキレていました。自分がいけないのに…しっかり確認しようね!

市場ではアンコールワットが描かれたタペストリー?2枚を言い値の半額まで値切り、6ドル50セントで買いました。お部屋に飾るのだ。


9
いわゆるゲテモノ屋さんです。さまざまな「虫」を売っています。写真を撮ったら店員に怒られちゃいました。思うに、写真だけ撮って買わない人が多いからでしょう。



10
メコンの幸です。ちょうど通りかかった時、1匹のウナギもどきが籠から飛び出し、逃亡を図っていました。残念ながらその後、通りすがりのおばさんに蹴り戻されていましたが…。



11
12
魚だけでなく、野菜やお肉も豊富です。



19
孵化寸前の卵を美味しそうに食べるお姉さん。快く写真に納まってくれました。「所変われば食変わる」ですね。姉さまはとても食べる勇気は湧きませんせんでしたけど。



1
プノンペンのメーンストリート「モニボン通り」。お店やオフィスがたくさんあって、近代的な町並みでした。相変わらず客引きは多かったけど。


3
キャピトルツアーの中です。ここのツアーに参加したい人は、左下に見える各ツアーごとの白いボードに名前と希望日を書き込みます。希望日までに定員に達すればツアーは催行されます。市内観光は5人、ウドン観光は4人でした(他は知りません)。少人数で行った場合、定員数を集めるのは大変です。もちろん追加料金を支払えば観光は可能ですが。




4

5
夜にプノンペンの町をウロウロするのは危険なので、夕食はキャピトルツアー併設の食堂で食べることにしました。ご飯とスープ、エビのから揚げを頼みましたが、お世辞にも美味しいとはいえません。エビはまるで小さいし、ご飯はパサパサで一口食べて食欲を失いました。ただ、ビールは美味かったです。ベトナム料理が恋しいです。



6
何の写真だか分かりずらいですが、夜のプノンペンです。この日は明日の「ウドン」への観光ボードに名前を記入し、近くのネットカフェでメールを打った後、早めに寝ました。明日の朝までに後2人集まっていたら、それはきっと奇跡でしょう。



ベットに入って1分も経たない頃、外から「パンッ」という銃声のような乾いた音が聞こえました。時計を見ると、時刻は11時前でした。意外と近くに感じました。

聞くところによると、プノンペンには少なくとも1万丁を超す銃器が氾濫しているのだそうで、銃による犯罪は日常茶飯事だそうです。

コメント

非公開コメント

プロフィール

barung

Author:barung
アジア大好き。いつも格安チケットで行く貧乏旅行。もちろん国内旅行も大好き。これまでの旅の記録をのんびり綴る不定期ブログです

最新トラックバック

CLOCK

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。