スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

なんちゃって?ホームステイ

中国留学
2007.09.01-30

【9月14日】
留学生活も折り返し点。この日から、留学生寮を出て、大学教授のアパートへホームステイさせてもらった。
参加した語学プログラムでは、受講者は原則として留学生寮で生活することになっている。俺はもともとホームステイ希望で、ホームステイ付きの他のプログラムを探したが条件が合わず断念した。そういう経緯もあって、主催者側にダメでもともとの思いで希望を伝えると、意外にもOKの返事をもらえた。

ただし、である。用意された家に肝心の大学教授の家族は住んでおらず、甥っ子が一人で部屋を借りているだけだという。「毎晩、食卓を囲みながらホストファミリーと片言の中国語でおしゃべりを楽しむ」「人民服を着たおじいちゃんから文化大革命の苦労話を聞く」「休日には、地元の人しか知らないような美味しい店や、地元の人しか行けないような辺鄙な観光地に出かける」などの期待(妄想?)はもろくも砕かれた。

しかし、無理を言ってセッティングしてもらった手前、そう不満ばかり言っていられない。むしろ、大学の教員住宅とはいえ、中国の一般市民が暮らすアパートを垣間見ることができるだけでも、もうけものと思うべきではないのか、と自分を納得させた。

搬家(引っ越し、の意)前日の夜は、講座の仲間が俺の部屋に遊びに来てくれて、朝の4時頃まで楽しく飲んだ。アパートまで案内してくれる小姐(名前を忘れてしまった)が寮に来たのが8時。力が入らない体でスーツケースを押してキャンパスを突っ切り、大学の西側にあるアパートにたどり着いた。

部屋の主は●老師(こちらも忘記了・・)。笑顔が優しい年配の女性。これからお世話になる寝室やリビングやトイレ、シャワー、台所などを一通り案内してもらい、最後に間借りしている甥っ子さんにあいさつ。「ニーハオ」「ニーハオ」「我是留学生。在民族大学学習漢語。請多関照」「好、好」・・・。彼は会社員で、朝は俺より早く出かけ、夜、俺が帰ってくる頃には寝てしまっていた。休日も然り。と、いうことで、結局彼とまともに話したのは、この時だけだったのでした。はあ・・。

寝室全景
俺の寝室。ダブルベッドで寝心地もまあまあ

リビング
リビング。甥っ子さんは自室にテレビがあったため、ここのテレビは独占状態だった

お勝手
台所。中国は水道水を飲むことができないため、家庭にも大きな飲用水タンクが備え付けられている

トイレ兼シャワールーム
トイレとシャワールームは同じ空間。やたらと狭く、シャワーを浴びると便器にお湯がかかる。終わった後でいちいちタオルで拭かなくてはならず、あまり気持ちの良いものではなかった

窓から見た風景
リビングから見た外の風景

寝室で荷物を解くと、ベッドに横になってそのまま夢の中へ。周辺は教員住宅が建ち並んで、道で立ち話をするおじさん、おばさんの声や、自転車のベルの音といった生活音が心地よいBGMになる。小窓からは、木々の緑がのぞく。街の喧騒とともに暮らすイメージだった中国の市民生活がこれほど快適な空間の中にあることに、少し驚いた。

寝室の窓
寝室の小窓。緑が清々しい


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

プロフィール

barung

Author:barung
アジア大好き。いつも格安チケットで行く貧乏旅行。もちろん国内旅行も大好き。これまでの旅の記録をのんびり綴る不定期ブログです

最新トラックバック

CLOCK

カレンダー

05 | 2009/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。