スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マレー半島紀行(序)

 2011年8月。1週間の夏休みを取って、1年半ぶりに日本を旅立った。
行き先は、マレーシアとシンガポール。正直に言うと、東南アジアの国々の中で、この2カ国にはそれほど魅力を感じていなかった。これまでにタイ、ベトナム、カンボジアに足を踏み入れ、次に訪れるのはラオスか、ミャンマーだと思っていた。
 東南アジアは、良い意味で清潔でなく、整備されておらず、路上で息を吸い込むと文明の香りより人間や食べ物の生々しい臭いが感じられるような国が良い。マレー半島には、その臭いがやや薄いような気がしていた。クアラルンプールとシンガポールは、高層ビルがそびえ立つアジアでも有数の大都会だ。東西交易の中継地として栄えたマラッカやペナンといった歴史ある港町も控えるが、どこかこざっぱりとしていて、バンコクやホーチミンのように、民衆がその暮らしのナマの姿を旅行者にさらけ出してくれるような街ではないだろう。せっかくお金を払い、蒸し暑さを覚悟してアジアに出かけるからには、その場所にぜひ立ってみたいという確かな動機が必要だ。僕にとってそれば、心のひだの奥まで染み込んでくるような「臭い」だ。人間が、食べ物が、動物が、そしてその街全体が醸し出す生きた臭いだ。
 しかし、サラリーマンの身分で旅にかけられるお金は、いつもそう多くはない。臭いを感じられる国々へ渡る航空券の価格は、僕の希望に見合うものではなかった。旅立ちの日が迫り、僕は「臭い」に代わる動機を見つけ出さねばならなかった。
 それは、思いのほか簡単に見つかった。マレー鉄道だ。学生時代にその存在を知って以来、いつかはバンコクからシンガポールまでのんびり車窓を眺めながら旅したいと思い続けてきた。
 ただ、ここでも妥協が必要だった。初めは、当然のごとくバンコク発シンガポール行きの旅程を考えたが、あれこれ調べるうちに1週間という時間では十分に楽しむことができないと分かった。そこで、マレー鉄道全線乗車の夢は棚上げし、マレー半島の南部を鉄道とバスを使って巡ることにした。
 成田からシンガポールへ飛び、バスで国境を越え、戦前に詩人金子光晴が滞在したバトゥ・パハへ向かう。そこからバスでマラッカを経由し、クアラルンプールへ。最後はマレー鉄道で一転南下し、シンガポールから帰国する。
 バトゥ・パハについては、いつも世話になっている某有名旅行ガイドで初めて知った。金子光晴とこの町の関係についても、このとき初めて知った。余談だが、僕は旅に出るとき、司馬遼太郎の「街道をゆく」にその土地の章があれば、文庫本を携えて出かけることにしている。知識もなくふらっと訪れ、その土地を自分の肌で一から探っていく旅も素敵だが、ある作家の視点を借りて眺め、そこから自分の感覚を肉付けしていく手法も悪くない。時間が限られるサラリーマンの旅では、なおさらそのような知識が必要になる。
 バトゥ・パハの場合、金子光晴が「マレー蘭印紀行」を残しておいてくれた。アマゾンで古本を手に入れ、出発前に読んだ。遠慮のない詩人の目を借りて、まだ見ぬ熱帯の街への想いが確かに膨らんだ。


 前置きが長くなった。そろそろ、旅立とう。
スポンサーサイト

プロフィール

barung

Author:barung
アジア大好き。いつも格安チケットで行く貧乏旅行。もちろん国内旅行も大好き。これまでの旅の記録をのんびり綴る不定期ブログです

最新トラックバック

CLOCK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。