スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

真冬の半島漫遊記③ ~幻の王城・水原を歩く~

半島滞在3日目。

仕事があるため、明日の早朝にソウルを発つ予定の僕にとっては、実質的に旅の最後の日だ。

早めに宿を引き払い、朝食を食べに南大門市場へ行く。初日のリバース居酒屋と同じく、以前奥さんが訪れたことのあるサムゲタンの美味しい店が目当てだ。

その店は市場の細い路地の奥にある。頼りは奥さんの記憶だが、近くに高麗人参の店があったことぐらいしか覚えていないらしい。それでも、探す気でさまよっていると、見つかるものです。

動画:南大門市場「ソウルサムゲタン」への道
「ソウルサムゲタン」への行き方(サムネイルをクリック)

高麗人参を売る赤い看板の店を目印に、向かい側の路地を入ると、ハングルと日本語の片仮名でソウルサムゲタンの文字。扉には、日本語のガイドブックの切り抜きが張られていた。

R0016371_convert_20100425192534.jpg
「ソウルサムゲタン」の入り口。ごく普通の外観

店に入ると、すぐ横に店番のおじいさんが一人、ぽつんと座っている。客はほかに、日本人1人と韓国人2人の女子グループがいて、すでにサムゲタンの汁をすすっている。

さっそく、僕らもおじいさんにサムゲタンを注文。すると、おじいさんはおもむろに扉を開けて店の外へ。どうやら、調理場は外にあるらしい。しばらくして戻ってきたおじいさんの手には、湯気を立てた2杯のサムゲタン。

一口すすって、思わず「はぁー」」とため息が出てしまった。鶏のダシとほのかな塩味が効いたスープが絶品。ご飯と絡めてせっせと口に運んでいると、冷え切った体が内部からじわじわと溶けていくような気がした。

R0016374_convert_20100425192653.jpg
極上の一杯

夢中で食べ終え、お腹いっぱい。体もぽかぽか。頑張って探した甲斐があったというものだ。



南大門市場を切り上げると、地下鉄に乗って「安国」駅へ。この駅の北側に広がる「北村」という地域が目当てだ。そこはかつて、李氏朝鮮王朝の王族や高官が住んだ住宅街で、「韓屋」と呼ばれる韓国伝統の家屋が今も軒を連ねているという。最近になって注目されてきたソウルの新しい観光スポットだ。

駅を出てすぐ、「現代建設」の文字が掲げられた重厚な建物に遭遇。ちょうど昼時で、建物から次々と社員が出てきていた。日本で言えば「鹿島」や「大林組」といったところか。などと思っていたら、Wikipediaによると1997年のアジア通貨危機の影響で「債権団が管理している状態」だとか。かつての財閥の威光は、かろうじて社屋のみに残っていた。

北村についても明確な地図は持たずに訪れたので、南大門市場に続き周辺をさまよう羽目に。坂を上ったり下りたりしているうち、ようやく、ガイドブックの写真にあるよう古い家屋が見えてきた。

R0016414_convert_20100425193011.jpg

韓屋が建ち並ぶ坂の向こうに、ビルが林立するソウルの街。李氏朝鮮時代にここから見えた光景はどんなだったのだろう。

動画:ソウルの北村
北村 近景と遠景(サムネイルをクリック)

R0016428_convert_20100425193239.jpg
坂を見上げる

R0016406_convert_20100425192837.jpg
勾配はかなり急だ

R0016431_convert_20100425193351.jpg
大きな通りまで出ると、道端に突然、土産物の山が出現

R0016432_convert_20100425193500.jpg
なんとトラックでした

R0016434_convert_20100425193610.jpg
地下鉄駅のコンコースには、昨年炎上した南大門の写真が



北村を後にし、ソウル駅へ移動。ここで、奥さんとはしばし別行動に。奥さんは買い物へ、僕はソウルから電車で1時間ほどの水原に向かった。

水原には、李氏朝鮮時代に建設された城塞「華城」がある。華城には一時遷都が計画されたが、時の王が死亡したため実現されなかった。いわば「幻の都」だ。

水原駅を出て、観光案内所で資料を調達。案内所には日本語や英語に通じた職員数人が常駐していて、にこやかに出迎えてくれた。

華城は水原の中心部にあり、一周約5キロの城壁のところどころに、城門や楼閣、のろし台などが配されている。時間が限られていたので、城壁の北半分を歩いて回ることにした。

DSC02477_convert_20100425191635.jpg
長安門

華城の北門「長安門」でバスを下り、さっそく城壁に上る。城壁が街並みを縫うように連なっているのを見渡しながら、東側の華虹門、訪花随柳亭へ。

DSC02478_convert_20100425191830.jpg
華虹門

DSC02480_convert_20100425191858.jpg
華虹門から訪花随柳亭へ

DSC02481_convert_20100425191932.jpg
池から訪花随柳亭を仰ぐ

DSC02482_convert_20100425192007.jpg
訪花随柳亭

訪花随柳亭では、地元の小学生らしき一団に出会った。社会見学だろうか、教師が大きな声で説明しているが、聞いている子どもはほとんどいない。思い思いに建物を見たり、景色を見たり、仲間とじゃれ合ったり。そんな様子を見ていて、ふと気になった。この子たちは将来、兵役に就く義務があることをどのように受け止めているのだろう。そして、教師はそのことをどうやって伝えているのだろう。無邪気にふざけ合う子どもたちの姿が、分断国家の抱える宿命と隣り合わせに存在しているものだという実感が、どうしても持てなかった。

動画:水原「華城」の訪花随柳亭
訪花随柳亭で歓声を上げる子どもたち(サムネイルをクリック)

訪花随柳亭で進行方向を逆に取り、城壁の上を歩いて西へ向かう。

北西砲楼、華西門、西砲楼とたどり、城壁で最も高い所にある西将台へ。城壁の上を散歩する程度に考えていたのだが、ここまで来ると軽い登山だ。僕のほかにも山に挑む人が数人いたが、喘ぎながら足を運ぶ様子は、日本人も韓国人も同じだ。

動画:水原・華城城壁の全景
西将台から見た華城城壁の全景(サムネイルをクリック)

DSC02485_convert_20100425192044.jpg
西将台から、復元された華城行宮を見下ろす

DSC02488_convert_20100425192114.jpg
八達門

長安門でバスを降りてから約2時間後。城壁を半周し、南門に相当する「八達門」に着いた。かなりの運動だったが、寒さのせいか汗はほとんど出なかった。

思えば、昼飯もろくに食べずによく歩いたものだ。バスで駅に戻ると、コンコースの店で、トッポギを巨大化させたような餅の食べ物(名前知りません)で小腹を満たした。あくまで「小腹」。今日は「ソウルグルメツアー」の最終夜、満を持しての「焼肉」なのだから!
DSC02490_convert_20100425192157.jpg


R0016453_convert_20100425193744.jpg
地下鉄駅構内に、あの「竹島(独島)」のジオラマが・・


会場に選んだのは、地下鉄「鐘閣」駅近くにある「トッサムシデ」。豚のばら肉を焼く「サムギョプサル」がメーンの店だ。韓国で焼肉というと、牛より豚のほうが美味として人気があるのだそう。この店は「餅で肉を巻いて食べる」という新趣向を考え出したとして有名なんだとか。

R0016458_convert_20100425193857.jpg
ピンボケですが、店の外観

R0016461_convert_20100425194004.jpg
サムギョプサルのセット。右端の四角い皿に入っているのが餅

R0016460_convert_20100425194100.jpg
肉厚・・。油のノリもいい

R0016465_convert_20100425194152.jpg
店員さんがハサミで細かく切ってくれる

何はなくとも、まずは肉を吟味。

・・・うまい

思わず表情が緩んでしまう。軟らかく、それでいて適度な歯ごたえ。甘い肉の味が口いっぱいに広がってゆく。

サンチュの中に餅も敷き、肉を巻いて食べてみる。餅の食感が加わり、悪くない印象。しかし、ここで素朴な疑問。餅で巻くことに反対はしないけど、あえて餅で巻かなくてもいいかな・・。普通にサンチュで巻いて食べても十分に美味。餅は、ちょっと変わった趣向も楽しめる程度に考えておいていいかも知れない。そうそう、餅そのものを普通に食べても、これはこれで美味しかった(笑)。

R0016464_convert_20100425194248.jpg
最後の夜。しっかりビール、いただきました

腹を満たして外へ出る。焼肉の火と油にいぶされた肌を、氷点下の冷気が容赦なく刺す。せっかく温まった体も、一歩歩くごとに青ざめていく感じがする。

でも、そこはソウルの冬。冷えたら、また食べて呑めばいい。

ここには、美味いものがたくさんある。

人々の「食べる幸せ」をお腹一杯詰め込んで、半島の夜は更けていった。






4日目の朝。

DSC02491_convert_20100425192417.jpg
韓国、カムサハムニダ。さようなら

DSC02498_convert_20100425192331.jpg
日本、ただいま!



追記:奥さんはこの後も数日、ソウルの友だちと一緒に過ごしました。






















チャングムに料理を作ってもらいたくなったら、ポチッとな!↓


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

真冬の半島漫遊記② ~小雪舞う安東・河回村(ハフェマウル)へ

1月27日。

幸い前夜のリバースのダメージも癒え、午前7時過ぎに宿を出る。

今日の目的地は、ソウルから高速バスで3時間ほどの安東(アンドン)郊外にある

河回村(ハフェマウル)だ。

河回村は、朝鮮王朝時代の特権階級「両班(ヤンバン)」が住んだ集落で当時の家屋がそのまま残されている貴重な地域。まだ実際に人が住んでいて、伝統的な造りの民家を開放して民宿を営んだりしているらしい。

R0016278_convert_20100403162016.jpg
東ソウル高速バスターミナルから乗車

R0016281_convert_20100403162121.jpg
シートは大きく、ゆったり座れる

【余談】韓国は、タイやベトナムといった東南アジアの国々に比べて鉄道が発達しているが、バスの輸送網も劣らず活発だ。一地方都市に過ぎない安東行きすらも、20分に1本の割合で運行されている。当然、1便当たりの客の数は少なく、僕らが乗った便も10人に満たなかった。日本のようにせめて1時間に1本まで間引いて運行すれば、それだけコストをかけずに客を運べると思うのだが・・。それとも、頻発させることで逆に収益が上がる仕組みがあるのだろうか。ターミナルにずらりと並ぶバスを見て、そんなことを考えてしまった。


11時過ぎ、安東に到着。すぐにターミナルの向かい側にある河回村行き路線バスの停留所へ行く。時刻表を見て唖然。バスはついさっき出発したばかりで、次の便は午後2時。仕方なく、安東の市街地を探索して時間を潰すことにした。

R0016286_convert_20100403162247.jpg
バス停にたむろするお年寄り。敬老イベントでもあったのかと思う人数だった

R0016287_convert_20100403230609.jpg
市の中心部にある市場。魚や肉、衣類、寝具などを売る店が、種類ごとに区分されて並んでいた

安東の観光地は郊外にあるため、市街地はごく普通の地方都市という風情。ただ、その分住民の生活臭が漂い、散歩には適した場所だった。3時間は長すぎたけれど・・・。


最後は安東駅の待合室で韓流ドラマを眺めながら時間を潰し、待ちわびた河回村行きのバスに乗る。揺られること約1時間で村の入り口に到着。入場料を支払い、シャトルバスに乗り換えて村へ向かう。平日だったが、訪れる人は意外に多く、日本人の団体観光客もいた。

シャトルバスを降りると、遠くに石垣に囲まれた茅葺きの家が建ち並んでいるのが見えた。電線や電灯の類は見当たらず、集落の上には灰白色の冬の空が広がっているだけだ。目の前に広がる空間の大きさに、心が浮き立つ。

R0016302_convert_20100403230710.jpg
田畑の向こうに、伝統的な家屋の集落が広がる

R0016306_convert_20100403162510.jpg

R0016308_convert_20100403224652.jpg

動画:韓国・河回村(ハフェマウル)
河回村を歩く(サムネイルをクリック)

R0016315_convert_20100403224808.jpg
民家に観光客らを泊める「民泊」の看板

R0016300_convert_20100403162352.jpg
これも伝統的?写真を撮るなら有料、と書いてあったけれど・・・

R0016352_convert_20100403225500.jpg
立派な造りのお屋敷

R0016357_convert_20100403225621.jpg
ヨン様も訪れたご様子

R0016335_convert_20100403225245.jpg
門からのぞく家人の暮らし。人が住んでいると、古い家も生き生きしている

R0016336_convert_20100403225129.jpg
このお屋敷は、ある韓流スターの実家らしい。名前は忘れた(汗)

R0016342_convert_20100403225347.jpg
広場でお姉さんが輪投げ遊び。投げた先をよーく見ると・・・何のまねでしょうか(爆)


村を回ること2時間。途中から小雪がちらつき、寒さも厳しさを増した。

実は当初、2日目の夜はこの河回村で民泊をする予定だった。

しかし、ガイドブックに「ご飯を食べてしまうと何もすることがない」とか「離れに泊まるので、宿の人との交流はなかった」などと書いてあるのを読んで心細くなり、ソウルに戻ることにしたのだった。

実際に村を回ってみて、その判断は正しかったと思った。村は、太陽が沈むのに従い、素直に暗くなってゆく。闇に抗う人工的な灯火は見当たらず、静けさを乱す人の話し声も聞こえてはこなかった。

ただでさえ寂しい場所なのに、古民家の離れで徒然に夜を明かすというのは忍びない。せっかく韓国へ来たのだから、花の都ソウルで美味いものを食べて寝たほうが幸せだ・・。




安東からソウルへ戻ったのは、午後9時過ぎ。宿へ引き返すにはまだ時間がある。地下鉄で、郊外の大型ショッピングセンターへ向かう。

韓国海苔やビビンバの素、冷麺、マッコリ・・・。半島の恵みをたんまりと買い込み、いったん宿へ。膨れたビニール袋を置くとすぐに

不夜城・東大門市場へ繰り出す。

市場、といっても、東南アジアのように露店が立ち並んでいるわけではない。巨大なファッションビルがいくつもそびえ、その中には、狭い通路を挟んで小さなテナントがびっしり並んでいる。どれも衣類やアクセサリーを扱う問屋だ。

ビルの入り口には、バイヤーが持ってきたと思われるバッグや袋が無数に置かれていた。ビルの中で仕入れた物を詰めるためだろう。

明らかに未成年と思われる客も多い。韓国の倫理観に詳しくはないが、この子たちはおそらく学校の教師や親に「東大門に夜遅く行ってはいけませんよ」などと言われているのだろう。東京なら店が閉まるので終電で帰る気にもなるが、東大門は店内で夜が明かせてしまう。罪つくりな場所だ。


宿への帰り、ビル群のふもとにある小ぢんまりした食堂に入った。深夜というのにほぼ満員の盛況ぶりだ。ビビンバを頼むと、キッチンで使うボウルのような器に盛られてきた。一口食べるごとに辛さが増していく感じがしたが、それを差し引いても(僕は辛いものが苦手)、十分に美味い。
R0016366_convert_20100403225856.jpg
卵をつぶす前

R0016368_convert_20100403225955.jpg
卵をつぶした後

2日目の夜は、アルコール無しで更けていった。

















チャングムが作るとどんな味になるんだろ?と想像してしまったら、ポチッとな!↓


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

真冬の半島漫遊記① ~ソウル、リバーシブルな夜~

1月26日。午前5時のバスに乗り、9時過ぎに新宿着。山手線で日暮里まで行き、京成電鉄の特急に乗り換え、成田空港に11時過ぎに着く。


長野から空港まで、地上を這うこと6時間。


成田から仁川国際空港まで2時間半のフライト。


田舎に住んでいると、空港までの移動時間の長さにつくづく嫌気が差す。フライト時間が短い隣国へ行く場合なら尚更だ。ついこの間開港した茨城空港が、当初はソウルへの1便しか就航しないと騒がれているけれど、滑走路の長さが十分に取れず、ボーイング社やエアバス社の主力機が離着陸できない空港しか持たない信州人にとっては、身近に国際線が飛ぶ空港があるだけでも羨ましい。ただ、格安航空券が出回らないと、利用する気にはなれないけれど。



到着ロビーからリムジンバス乗り場に出ると、すぐに冷んやりとした空気が体を包み込んだ。顔や首筋などの露出した肌から、体温がどんどん失われていくのが分かる。寒いことは覚悟していたが、長野の寒さとは違う「迫力」だ。

リムジンバスで向かったのは、ソウル有数の繁華街、東大門(トンデムン)。24時間眠らないというこの巨大市場を回りやすいよう、近くの宿に荷を解こうという魂胆だ。


1時間近く揺られ、無事に東大門到着。地図を見ながら、目当ての宿に向かう。

路地の奥に現れたのは、古びたレンガ調の壁のビル。市場に近く、宿泊料も安いため、韓国の地方部や外国から買い付けに来るバイヤーたちの定宿となっているという。

フロント、というより警備員室のような受付で、従業員らしきおじさんに話しかける。しかし、英語が通じない。すると、とっさに奥さんが韓国語で話し始めた。うなずくおじさん。通じた!すげぇ!ハングルを読むことができるのは知っていたけれど、会話までできるとは思わなかった。

素直に感心しながらおじさんの反応を待つ。ん?満室?ここで引き下がったら、重い荷物を持って寒いソウルの街をさまよわなければならない。おじさん、1泊だけでいいから部屋ない?ん?あるの?なんだ、最初からそう言ってよ・・・。

おじさんの対応はどうも釈然としない。その後、再び英語で「まず部屋を見せてくれ」と言ったが通じず、とうとう「英語が分かる他のホテルへ行ってくれ」とさじを投げる始末。ここで追い出されては困るので、部屋の下見は省略。渡された鍵を持って狭いエレベーターに乗った。

R0016262_convert_20100206231900.jpg
部屋には最低限の設備がそろい、きちんと湯も出た(アジアの安宿は、ここがポイント)。最低限の清潔さも保たれていた。ただ、かすかに酸味のある、アジアのどこかの国の香辛料が腐ったような何とも奇妙な異臭が漂っているのには閉口した。結局、この宿には1日延泊して計2泊したのだが、2日目にはその臭いは消えていた。前の宿泊客が残した臭いだったのか・・・。



荷物を降ろして身軽になり、腹ごしらえに出かけた。地下鉄の駅の近くで露店のたい焼き屋を見つけ、思わず買ってしまった。韓国で初めての食事。いっただっきまーす・・・

R0016227_convert_20100307120152.jpg

薄!あんこがほとんど入ってない!これで韓国人は満足してるんでしょうか?やきたて屋(@長野)のたい焼きを教えてあげたい!


地下鉄に揺られ、仁寺洞(インサドン)へ。メインストリートから路地を少し入ったところに、お目当ての店「チョンガンエビチンダル」があった。

R0016234_convert_20100307120420.jpg

奥さんが以前、友人と入って気に入ったという居酒屋。カウンターと上がりがあり、入り口からすべてが見渡せてしまうほど小ぢんまりとした店だ。

さっそく、この店の名物松の葉ドンドンジュ(酒)を注文する。

R0016241_convert_20100307120252.jpg

R0016252_convert_20100307114436.jpg

ドンドン酒とは、マッコリに似た韓国伝統の酒。日本風に言えばどぶろくかな。そこに、松の葉の粉末を入れてある。すり鉢のような大きな器になみなみと注がれた様は、迫力満点。ひしゃくでおわんに注いで呑むと、まろやかな舌触りで飽きが来ず、何杯でも「ドンドン」いけてしまう。

R0016247_convert_20100307120539.jpg

酒と一緒に、チヂミも注文。美味しかったが、日本の韓国居酒屋で食べるのよりは薄めで、少しがっかりした。しかも、1枚の値段が11000ウォン(約920円)。日本語メニューで注文したので、もしや外国人料金を設定しているのかと思い、隣席の韓国人にハングルのメニューを見せてもらったが、値段は同じ。他の料理も、日本の居酒屋と比べると総じて高めの印象だった。個人経営の店ということもあるかも知れないが、韓国庶民が酒を呑むにはけっこうお金が必要なんだな、と勝手な同情を感じてしまった。

R0016255_convert_20100307115026.jpg

すり鉢の酒を飲み干し、東大門へ。しばらく市場を冷やかし、宿へ引き揚げる前に小腹を満たそうと、麺を出す店に入った。

しかし、ずるずると麺をすする奥さんの横で、僕は身動きすらできず、ただ時間が経つのを待っていた。強烈に腹が痛かった。

宿に戻ると、トイレに直行。腹痛は、次第に吐き気へと変わった。うめき声を上げながら鏡の中の自分をにらむこと数分・・。

人生初の海外リバース。

ドンドン酒・・・魔性の酒だな・・・

貴重な体験、カムサハムニダ、ソウル!






















チャングムに二日酔いを治してほしくなったら、ポチッとな!↓


にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村

真冬の半島漫遊記 ~序 「良き隣人」を求めて~

インドから生還して3ヵ月半が経った冬休み。韓国へ4日間の旅に出た。

なぜ韓国か?初めは、寒い日本をせっかく離れるのだからと、暖かい南国へ行こうと考えた。しかし、狙いを定めたタイへの便は、準備を始めるのが遅いいつもの癖がたたり、僕らには到底受け入れがたい高額チケットしか残っていなかった。台湾や香港の便も探ってみたものの、こちらもなかなか空席を見つけることができなかった。

国内旅行で済まそうか。そんな考えも頭をよぎったが、一度海外へ行くモードに入ってしまうと、途中で切り替えるのは難しい。意地でも海外、でも費用はできるだけ安くあげたい・・・そんな僕らの条件に当てはまったのが、韓国だった。

Yahoo!の「世界の天気」でこの時期(1月下旬)の気温を調べると、首都ソウルは最高気温が氷点下という日もある。南国を求めた初志は、貫けるはずがない。しかし、この国には酷寒に耐えるひもじさを補って余りある魅力が詰まっている。美味い食事、美味い酒、日本人が歩いていてもそれと気づかれない人種的相似性、好きなところに手軽に移動できる利便性・・・。

そう、インドの後に韓国を選んだ僕らは、この国に心のリハビリに出かけようとしていたのかもしれない。

体格の良いアーリア人種に揉まれ、圧倒的な異文化に飲み込まれ、殺到する客引きに感情をもてあそばれた後、温暖な島国に生まれ育ったモンゴロイドが求めるのは、自分たちと同じ色の肌を持ち、同じ匂いの文化を持った隣人の温もりだった。



出発の朝、着替えとビデオカメラを詰め込んだリュックを背負って家を出たとき、海外へ行くというのにまったく緊張感を持っていない自分に気づき、思わず苦笑いした。こんなことは初めてだった。

プロフィール

barung

Author:barung
アジア大好き。いつも格安チケットで行く貧乏旅行。もちろん国内旅行も大好き。これまでの旅の記録をのんびり綴る不定期ブログです

最新トラックバック

CLOCK

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。